MS Security Essentials は、Windows Update 設定を上書きする?

こんにちわ、ネットワークセキュリティのマツジローです。

とばっちりを避けるために、Windows Update 設定を

x 更新プログラムを自動的にインストールする(推奨)

ではなく、意図的に

o 更新プログラムをダウンロードするが、インストールを行うかどうかは選択する または
o 更新プログラムを確認するが、ダウンロードとインストールを行うかどうかは選択する

で使う人は多い。まして、システム管理者であれば、「大丈夫そうだ」と確認出来てから、社内に Windows Update を適用するのは、至極当たり前のことなのだ。

ところが、
MS Security Essentials をインストールすると、Windows Update 設定 が

x 更新プログラムを自動的にインストールする(推奨)

に変更されると「ネタ」に書いてある。

これは大変ということで、早速再現を試みるも、再現せず。
環境は、Vista Home Premium 32bit
ガセネタなのか?infoworld.com だから、全て嘘はあり得ないと思うが・・・
ガセネタの方が、うれしいけどね。

対応方法(再現したときの)
Windows Update 設定の上書きは、MS Security Essentials のインストール時のみなので、Windows Update の設定画面で、戻せばよいそうです。

ネタ -> http://www.infoworld.com/t/anti-virus/warning-microsoft-security-essentials-installer-zaps-automatic-updates-setting-804

マラソン -> http://blog.goo.ne.jp/matzjiro/e/b7762687ef3aa63556bfe4b4c7b11597

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック