スタンフォード大学、アプリをプライバシー・公開性・セキュリティ面から評価するサービスをスタート

こんにちわ、ネットワークセキュリティのマツジローです。

アプリケーションやサービスを選ぶとき、機能・価格・使いやすさ・評判に、ついつい気を取られてしまいますが、プライバシーやセキュリティは大丈夫か?と不安になることありませんか?

たとえば、ツイッターだと、この画面が出たとき

画像


このな時に、役に立つサービスができました。
スタンフォード大学の Ryan Calo 氏が作ったサービスWhatApp(どう発音する?、ワットアップ?)で、アプリケーションやサービス(パソコンやモバイル向けのもの)をプライバシー・公開性・セキュリティ面から評価してくれる。

現在、評価は、26 人の専門家が行っており、250 のアプリケーション・サービスが掲載されている。

アプリケーション・サービスを選択時の強い味方になりそうだ。

画像



ここ -> https://whatapp.org

ネタ -> http://blogs.forbes.com/firewall/2010/04/19/facebook-fails-stanfords-privacy-test-twitter-and-iphone-pass/

マラソン -> http://blog.goo.ne.jp/matzjiro/e/4cce983e00a4ede8b56039ec0de5431c

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 4キロ、晴れ、16時、川崎の中原平和公園

    Excerpt: こんにちわ。マツジローです。 スタンフォード大学、アプリをプライバシー・公開性・セキュリティ面から評価するサービスをスタートも、見てください Weblog: マツジロー マラソン フォト racked: 2010-04-21 20:58